« 教員集団!大金星 | トップページ | 激安!!商品!! »

宿命の対決!!

Cherusievsbasca 欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第3節、チェルシーが昨季王者のバルセロナを破った。決勝点は後半開始直後のディディエ・ドログバのゴール。両チームにとってはここ3シーズン連続での対戦であり(過去2回は決勝トーナメントでの対決)、過去2回はそれぞれが一度ずつ勝ち上がっている。

 この日、最初の決定機が生まれたのは前半17分。エシアンのパスで抜け出したドログバがゴールを狙い、こぼれ球にシェフチェンコが飛び込んだが、マルケスがスライディングタックルでゴールを守った。シェフチェンコはPKを主張したが認められなかった。
 24分にはバルセロナが反撃。メッシの右足のシュートをポルトガル人のGKイラリオがうまくはじき出した。チェフとクディチーニの代役として出場したイラリオはその3分後にもファインセーブ。パスをつないで最後はシャビが右足で狙ったが、イラリオがはじいてコーナーキックに逃れた。

 後半が始まると、いきなりチェルシーが先制ゴール。アシュリー・コールのクロスを受けたドログバが反転から右足でシュートを決め、1-0のリードを奪った。ドログバは今季のチャンピオンズリーグで4点目。モリーニョにとって強力な武器であることを改めて証明した。
 55分にはチェルシーがいい連係を見せたが、ランパードのパスを受けたシェフチェンコの至近距離からのシュートは枠の外へ。2-0のチャンスを逃し、モリーニョは怒りをあらわにしていた。ライカールトはジウリーとイニエスタを投入して流れを変えようとしたが、元チェルシーのアイスランド人グジョンセンを下げたことで、センターフォワード抜きでの攻撃となった。

 前に出過ぎたバルセロナはチェルシーに大きなスペースを与えてしまい、チェルシーはカウンターから何度もチャンスを作り出す。68分にはドログバがエリア内でフリーになったが、GKバルデスが好プレーでゴールを守った。
 時間が経過してもバルセロナは決定打を繰り出すことができず、メッシが時折仕掛ける突破だけが唯一の武器となっていた。85分にはメッシのヘディングシュートがスタンフォード・ブリッジを震えさせたがクロスバーの上へ。ドログバがベンチに下がると、観客からは大きな喝采(かっさい)が浴びせられた。2分間のロスタイムを経て、主審はタイムアップの笛を吹いた。

 ブレーメンが格下のレフスキに勝ち(2-0)、バルセロナが敗れたことで、ブレーメンにもグループAの2位争いの望みが出てきた。全勝で首位に立つチェルシー(勝ち点9)をバルセロナとブレーメンが勝ち点4で追う展開となっている。レフスキ・ソフィアは勝ち点0のままで、敗退がほぼ確実となった。

SPORTSNAVIより抜粋

|

« 教員集団!大金星 | トップページ | 激安!!商品!! »

サッカー・フットサル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿命の対決!!:

« 教員集団!大金星 | トップページ | 激安!!商品!! »